卒論の書き方について

【必読】卒論執筆時の注意事項


基本

  • 句読点は「,」と「.」を使用

  • 「である」調に統一

  • 各文で,主語と述語の対応が取れているか?

    • できるだけ主語や目的語の省略を避けることを意識して書く

  • 表記ゆれのチェック(同じものを指す言葉は表記を統一する)

  • 図,表,参考文献については,すべてについて本文中で最低1回は引用する

  • 他の文章からのコピペは剽窃です(小保方さんの件で知っていると思いますが).引用する場合は引用符で囲み,必ず引用と分かるように.

  • 数式の最後にはピリオドをつける



内容梗概(アブストラクト)

  • 卒論の内容を1ページ以内にまとめる.

  • 具体的には,どういう問題について, どのような研究を行って,その結果どの

ような 結論が得られたか,というポイントについて簡潔にまとめる.


OBの卒論でも悪い例がありますので,「OBの卒論を参考にすれば正しい」わけではありません


1章「緒論」

  • 研究で解決しようとする問題について述べる

  • どのような問題をなぜ解決しようと思ったのか,その背景・動機を説明する

  • 先行研究の動向など根拠を示しながら,研究の位置付け(既存研究との関連性と違いを説明)を明確にする

  • 研究の目的もこの章で示す

  • この研究で採用する方法、手法の簡単な説明

  • 論文の構成


書いたものを読み直して,上記項目がすべて含まれているかセルフチェックして下さい.特に,「研究の位置付け」と「この研究で採用する方法、手法の簡単な説明」については抜けがちです.


2章「本論に入るための準備となる章」

  • 研究のベースとなる(1章で提示した問題の解決のために用いる)技術や既存研究について書く

  • 読者としては,一般的なネットワーク技術者を想定し,その人達が知らないであろう技術については,この章で説明しておく

  • 提案方式の説明を行う章ではありません


3章「本論:研究内容の中心部分」

  • 卒業研究でどのような問題に,どのようなアプローチで取り組んだのかを具体的に詳しく書く

  • 提案方式がある人は,提案方式(アルゴリズム)の詳細説明を書く



4章「評価:提案方式の有効性を明らかにする

  • 性能評価・有効性検証のための実験,シミュレーションについて,その内容,結果,考察を書く

  • 実験やシミュレーションで得られた結果(客観)とそれに対する考察(主観)は,はっきりと区別して書くこと


5章「結論」

  • 本研究の成果(提案したことや分かったこと)を書く

  • 成果の価値(実用的価値や学術的価値)についても,提案方式の先発性(新規性があり,さらに他のものより性能が良い)や可用性(実社会へ応用できるなど)の観点から述べる

  • 成果の限界(課題)とその克服のための今後の戦略を書く


謝辞

  • 本研究でお世話になった人へのお礼を簡潔に書く



参考文献

  • フォーマットはしっかり揃える

  • 著者,タイトル,出典(雑誌名or会議名,巻,号,ページ数),出版年月.

  • 最後のピリオドは忘れない!

  • 参考URL: https://www.ieice.org/jpn/shiori/iss_2.html#2.6


卒論テンプレート

卒論作成のためのtexテンプレート(スタイルファイル等)です.

卒論作成時に利用して下さい.(ところどころ間違いがあるかもしれないので,テンプレートを過信しないこと


tex環境は,PCにLaTeXソフトウェア一式をインストールするか,インストールがイヤな人は,ブラウザで利用できるCloud LaTeX(https://cloudlatex.io/ja)がオススメです.