研究活動

安全で快適な生活環境を実現するための情報通信ネットワークの構築を目指し,モバイルワイヤレス&インターネットに関する様々な研究を行っています.具体的には,スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のみで構成するアドホックネットワークの構成技術,インターネット上で一対多通信を効率的に実現するマルチキャスト通信技術,ネットワークを飛躍的に大容量化可能な革新的理論であるネットワークコーディング理論に注目し,アルゴリズムからサービス,アプリケーションの設計開発まで幅広い研究を行っています.

 アドホックネットワーク

アドホックネットワーク
スマートフォン,カーナビ,ライブカメラ,人感センサーなど私達の日常生活のいたるところにモバイル端末やセンサー類が溶け込んでいます.これらのモバイル端末,センサー類を無線で相互接続し,互いに連携して情報伝達を行うための情報ネットワークがアドホックネットワークです.例えば,街中にあるライブカメラの映像を近くにいるスマートフォンへアドホックネットワークを利用して送り届けるためには,カメラースマホ間の情報伝達経路を形成する必要があります.当研究室では,これを実現するための経路制御技術の考案や,その性能評価,実装などに取り組んでいます.他にも,アドホックネットワークのためのセキュリティ保証技術,端末位置推定技術など,アドホックネットワークを構成するための必須技術について研究を行っています.

 ネットワークコーディング

ネットワークコーディング
従来の情報通信ネットワークは,物流モデルという考え方がベースになっています.例えば,ネットワークの合流点(2つのリンクが1つのリンクに集約される部分)では,混雑が発生しやすく,その解消のためには,リンク容量(リンクを道路に見立てると道路幅に相当)を増やすしかないと信じられてきました.この考えを一変させる「ネットワークコーディング理論」と呼ばれる画期的な理論が2000年に発表されました.
 ネットワークコーディング理論は,ネットワークの合流点で情報をそのまま転送するのではなく,受け取った情報を一括して符号化し,符号化した情報を転送することで,従来の物流モデルの限界を飛躍的に超える通信が可能となることを示しました.ネットワークコーディング理論を用いれば,現在の情報通信ネットワークを大容量化・高速化が可能となるだけでなく,セキュリティや信頼性の向上まで可能となります.
 当研究室では,ネットワークコーディングを理論と実験の両面から研究を展開しており,Android端末,iOS端末へのネットワークコーディングの実装なども行っています.

 マルチキャスト

マルチキャスト
ライブストリーミングなど同一情報を多人数に一斉配信する一対多通信型アプリケーションの利用が急速に拡大しています.このような一対多通信を効率的に行う技術がマルチキャストです.マルチキャストは技術課題が多く残されており,現在の一対多通信型アプリケーションの多くは,一対一通信を複数同時に行う擬似的なマルチキャストを利用しています.当研究室では,次世代情報ネットワークのコア技術として期待されているマルチキャストに関して,プロトコル設計からアプリケーション開発まで多様なアプローチで研究しています.
Comments